ホーム病院のご紹介 > 治験の実施について

治験の実施について

治験とは

新しい薬が世の中にでて、病気の治療に使われるようになるには、効果(効き目)と安全性(副作用)を十分に調べなければなりません。
新しい薬の候補となるものについて、まず動物を使って効果や安全性を調べたあと、健康な方や患者さんに実際に使用して、ヒトに対する効果や安全性を詳しく調べる臨床試験を行います。
この臨床試験をとくに「治験」と呼び、新しい薬の候補を「治験薬」といいます。
治験は病院の治験審査委員会の承認を得た上で、国が定めた治験実施の基準を厳格に守って行われます。
現在、病院や薬局で使われている薬は、下に示すような治験の段階を経た後に、薬として国から承認されたものです。

第1相試験
少数の健康な人を対象に、薬の安全性と体内での動きなどを調べます。
第2相試験
少数の患者さんを対象に、薬の効果と安全性、薬の最適量などを調べます。
第3相試験
より多くの患者さんを対象に、効果と安全性について標準的な薬や薬効のない物質(プラセボ)と比較することで、新しい薬としての有用性を調べます。

このように、多くの方々の治験への理解と参加があってはじめて、新しい薬が世の中にでてくることが可能となり、病気に苦しむ人々の役に立つことができます。

委員名簿

   
区分 氏名 所属(職名を含む) 職業 資格
専門委員
(委員長)
高澤 和也 副院長兼診療部長 医師 医師
専門委員
(副委員長)
上田 典司 小児科部長 医師 医師
専門委員 加賀良 康武 神経科精神科部長 医師 医師
専門委員 前田 雄司 ひ尿器科医長 医師 医師
専門委員 太田 裕子 麻酔科医長 医師 医師
専門委員 樫本 雅彦 循環器内科医長 医師 医師
専門委員 長岡 匡 糖尿病内分泌内科医長 医師 医師
専門委員 山下 忠明 医療技術部長 薬剤師 薬剤師
専門委員 飯島 有加 医療技術部検査室技師 医療技術者 臨床検査技師
専門委員 西田 稚春 看護副部長 看護師 看護師
非専門委員 時國 知之 総務課長 地方公務
非専門委員 川崎 裕史 管理部医療サービス課係長 地方公務
4号・5号委員※ 南田 茂喜 白山市健康福祉部健康増進課長 地方公務
4号・5号委員※ 上村 義雄 アルマ技研株式会社 会社員

※ GCP第28条第1項第4号委員、第5号委員

任期: 西暦 2018年 3月 31日 まで

公開資料

治験審査委員会規程(PDF)

治験の実施に係る規程(PDF)

治験の実施に係る業務手順書(PDF)


  • 2017年度
  • IRB記録の概要(2017年4月)

  • 2016年度
  • IRB記録の概要(2017年3月)

    IRB記録の概要(2017年2月)

    IRB記録の概要(2016年12月)

    IRB記録の概要(2016年11月)

    IRB記録の概要(2016年9月)

    IRB記録の概要(2016年8月)

    IRB記録の概要(2016年6月)

    IRB記録の概要(2016年4月)

  • 2015年度
  • IRB記録の概要(2016年2月)

    IRB記録の概要(2015年11月)

    IRB記録の概要(2015年9月)

    IRB記録の概要(2015年7月)

    IRB記録の概要(2015年4月)

  • 2014年度
  • IRB記録の概要(2015年3月)

    IRB記録の概要(2015年2月)

    IRB記録の概要(2014年12月)

    IRB記録の概要(2014年10月)

    IRB記録の概要(2014年8月)

    IRB記録の概要(2014年6月)