ホーム > 病院のご紹介

病院のご紹介

ぬくもりとおもいやりの医療を

平成元年4月に新築移転した公立松任石川中央病院は、平成27年3月の第五次増改築工事の完成により、当院の本来の機能である高度医療・救急医療体制の充実強化を図るとともに、医療・介護・福祉が一体となった地域包括ケアシステムの構築に取り組んでいます。また、地域医療支援病院として、急性期医療を中心に地域医療機関との連携を緊密にしながら、白山石川医療圏の中核病院としての大きな役割を担っています。

診療科は30科、PET及びPET-CT等を中心とした豊富な画像モダリティをベースに、高度医療機器の共同利用を進め、さらに充実した医療連携の展開を図っています。

病床数は305床、医療資源を集中し早期治療を実現するため、1病床当たりの床面積は8.0u以上を確保しています。

また、病棟病室は多くの個室を確保し、多床室においても木製家具による間仕切りでプライバシーに配慮した構造にするなど、すべての方に信頼の診療技術と、おもいやりの医療を提供しています。