ホーム病院のご紹介 > 企業長挨拶

企業長 挨拶

企業長 挨拶

企業長 八木 雅夫

 平成30年は2年に一度の診療報酬の改定と3年に一度の介護報酬の改定が同時に行われ、また、第7次医療計画と第7期介護保険事業計画などの種々の施策が同調的に実施されることから、惑星直列の年と呼ばれています。惑星直列とは太陽系の惑星が一列に並ぶ現象です。めったに出現しないため、出現すると、重大な変化が起きるとされています。本年は、医療と介護の分野では大きな改革が進むと予測される訳です。
 一方、白山石川医療企業団にとっては、本年は企業団移行10周年の年であります。また、公立松任石川中央病院開設70周年、公営移行50周年などの節目であるとともに、公立つるぎ病院ではショートステイ「つるぎ」の始動の年となります。
 このような環境のなかで、企業団職員は、医療と介護を取り巻く状況・課題の変化を敏感に感じ取り、激動の時代に生きているという意識を今一度新たにして、その上で、公立松任石川中央病院、公立つるぎ病院ならびに吉野谷・中宮・白峰各診療所の全ての職員の力を一直線上に集約し、引き続き、地域の医療・介護の改革と充実に取り組んでいきたいと念じております。

平成30年2月 白山石川医療企業団
企業長 八木 雅夫