ホーム診療科一覧 > 循環器内科

循環器内科

循環器科は、当院がこの地に移転した平成元年4月に久保田幸次(現企業団顧問)、阪上学(現金沢医療センター部長)、故北村憲治副院長の3名のスタッフにより開設されました。
開設当時から24時間365日、患者さんのための医療を実践しています。
虚血性心疾患(狭心症、心筋梗塞)はもとより末梢血管疾患、不整脈、また心疾患の終末像である心不全に至るまで積極的な介入を行ってまいりました。
少ないスタッフで最大の効果を得るため、当時としては珍しい臨床検査技師による超音波検査、またカテーテル検査治療入院の効率化を図るための工夫(現在のクリニカルパスの原型となった入退院のシステム構築)などを積極的に行いました。

さらにハード面では、冠動脈専用CTの設置、心臓カテーテル専用カテ室の複数化およびICU、HCUとの連携ならびに心臓リハビリの導入などを行い、またソフト面では、循環器専門医の増員(まだまだ少ないのですが)およびコメディカルスタッフの増員など、今後ますます増加すると予想される心疾患に対応できるべく準備を進めています。

当科の唯一の弱点である心臓血管外科が併設されていない点に関しても、金沢大学心肺総合外科の全面的なバックアップを得ております。

さらには近隣の先生方との病病連携、病診連携も積極的に図っております。

生活習慣病の増加とともに、ますます増えることが予測される冠動脈疾患、末梢動脈疾患の治療、一次予防、二次予防はもとより、各種不整脈疾患、心不全に対する治療など、今後とも循環器分野での地域貢献を進める所存です。

最後になりましたがこの25年の歩みをいくつかの表に示します。
皆様方の参考になれば幸いに存じます。

担当医のひとこと

胸痛や動悸など、また歩行時の下肢の痛みなどがあれば遠慮なく当科を受診してください。また、周囲にこのような方がいらしたら一度相談してみてください。北陸トップクラスの医療施設と医療スタッフでお待ちしています。

スタッフ

  • 久保田 幸次 顧問

    専門分野

    循環器、心肺蘇生、内科一般

    専門医認定/資格等

    日本内科学会認定内科医、日本循環器学会認定循環器専門医、日本心血管インターべンション治療学会専門医・指導医、日本心臓リハビリテーション学会認定医、心臓リハビリテーション指導士、金沢大学医薬保健学域医学類臨床教授

  • 織田 裕之 部長

    専門分野

    循環器、高脂血症、心肺蘇生、内科一般

    専門医認定/資格等

    日本内科学会認定内科医、日本循環器学会認定循環器専門医、日本心血管インターベンション治療学会専門医、心臓リハビリテーション指導士

  • 大谷 啓輔医長

    専門分野

    循環器、内科一般

    専門医認定/資格等

    日本内科学会認定内科医、日本循環器学会認定循環器専門医、日本心血管インターベンション治療学会認定医、心臓リハビリテーション学会指導士

  • 松浦 伸太郎医長

    専門分野

    循環器、内科一般

    専門医認定/資格等

    日本内科学会認定内科医、

  • 臼田 圭佑医師

    専門分野

    循環器、内科一般

外来診察表

受 付 時 間
午前 10時前予約 8:00〜11:30 織田
松浦
織田
久保田
臼田
大谷
久保田
織田
松浦
大谷
久保田
新 患 8:45〜11:30
10時以降予約

循環器科25年の歩み

平成元年4月 緊急冠動脈造影、冠動脈内血栓溶解療法(ICT)
平成元年5月 経皮的冠動脈形成術(PTCA)
平成元年7月 経皮的腸骨動脈形成術(PTA)
平成元年8月 経皮的僧帽弁形成術(PTMC)
平成元年9月 大動脈バルーンポンピング治療(IABP)
平成3年11月 末梢血管アテレクトミー(DCA)
平成5年4月 下大静脈フィルター留置術、下大静脈ステント留置
平成5年6月 緩徐血液濾過法(CVVH)
平成5年7月 冠動脈アテレクトミー(DCA)
平成6年4月 肺動脈弁形成術(PTPV)
平成6年6月 血管内超音波法(IVUS)
平成7年7月 カテーテルアブレーション(CA)
平成8年10月 経皮的心肺補助装置(PCPS)
平成14年6月 三次元不整脈マッピング装置(CARTO)
平成14年8月 経皮的大動脈弁形成術(PTAV)
平成16年7月 低体温療法
平成16年10月 経皮的中隔心筋焼灼術(PTSMA)
平成18年1月 カテーテル検査2室体制(PHILIPS Allula Xper FD10,FD10/10)
平成19年6月 JACCT東海北陸地方会 Live Demonstration 開催
平成19年12月 心臓リハビリテーション開始
平成20年8月 64列マルチスライス冠動脈CT
平成21年4月 造影剤自動注入器(Mark V ProVis)
平成22年4月 温熱療法開始

カテーテル検査総数の推移

経皮的冠動脈治療件数の推移

経皮的末梢血管治療件数の推移

カテーテルアブレーション件数推移

カテーテル治療の比率(%)

冠動脈CT検査推移

実績(平成元年4月〜平成25年12月)

総カテーテル件数 20491件
経皮的冠動脈形成術(PCI) 6763件
経皮的末梢動脈形成術(PTA) 737件
経皮的僧帽弁形成術(PTMC) 42件
経皮的大動脈弁形成術(PTAV) 3件
経皮的肺動脈弁形成術(PTPV) 1件
経皮的中隔心筋焼灼術(PTSMA) 3件
永久ペースメーカー埋め込み術 699件
カテーテルアブレーション 688件
埋め込み型心電図(REVEAL) 6件
経皮的人工心肺補助装置 222件
大動脈バルーンパンピング 647件
下大静脈フィルター留置 60件