ホーム診療科一覧 > 脳神経外科

脳神経外科

脳卒中とは「突然、脳に重大な事態が発生する」という意味の言葉です。血管がつまる脳梗塞と、血管が破れる頭蓋内出血とがあります。さらに頭蓋内出血は脳表面の比較的大きな動脈からのくも膜下出血と、脳内深部の細かい動脈からの脳出血に分けることができます。脳卒中には、高血圧、糖尿病、高コレステロール血症、喫煙、飲酒などによる動脈硬化が関係しています。

担当医のひとこと

脳神経外科では、診察、血液検査、頸動脈エコー検査、頭部CT検査、脳MRI、MRA検査、頸動脈MRA検査、脳血管撮影(DSA)などの検査を、その人ごとに合った組み合わせで行い、脳卒中が生じやすい体質の把握、脳動脈硬化や脳動脈瘤の検出を行い脳卒中の予防・治療に役立てています。特に、当院では独自にMRI,CT,DSAによる三次元立体撮影検査を駆使し、診断・治療に活用し高い評価を受けています。また脳腫瘍、頭部外傷、頚椎疾患に関しても、積極的に診断・治療を行っています。

スタッフ

  • 二見 一也 部長

    専門分野

    脳血管障害、頭部外傷、脳神経外科一般

    専門医認定/資格等

    日本脳神経外科学会専門医、日本脳卒中学会専門医

外来診察表

 
受 付 時 間
午前 10時前予約 8:00〜11:30 二見二見 宇野 二見 二見
新 患 8:45〜11:30
10時以降予約