ホーム診療科一覧 > 精神科

精神科


精神科は3名の精神保健指定医が担当しています。うつ病、不眠症、パニック障害、社会不安障害、強迫性障害、神経症、統合失調症、老年期精神障害(うつ病、認知症、不眠症)など精神科領域全般を対象として診療を行っています。また、総合病院にある神経科精神科として、身体疾患を合併した方や他科での加療中に精神科疾患を合併した方の治療にも力をいてれいます。

【外来診療】外来は精神科薬物療法と通院精神療法を中心とした治療を行っています。継続した治療が必要となりますので、再診日確認のために再診には予約制を取り入れています。当日予約のない方も診察しています。初診の予約制は行っていません。外来患者数は年々増加していますので、かなりの待ち時間が生じてしまうことが多くなっています。臨床心理士が週1回のみ非常勤としていますので、カウンセリングは行っていませんが、心理検査は可能です。

【デイケア】精神科デイケア(小規模)を外来に併設しています。精神保健福祉士、看護師、作業療法士、医師が担当しています。他の病院やクリニックに通院しながら当院のデイケアに通所することも可能です。通所についての相談や見学も行っていますので、通所希望の方は外来でお尋ねください。

【入院診療】神経科精神科の病棟は東病棟の5階に30床あります。精神科薬物療法と入院精神療法を中心とした治療を行っています。うつ病を中心として抑うつ状態を生じて入院している人が殆どで、他は神経症、統合失調症、老年期精神障害などとなっています。地域の精神科専門病院入院中に身体疾患を合併した方や他科入院中に精神疾患を合併し一般病棟での治療が困難な方の受け入れにも力を入れています。興奮の強いような方、アルコール依存症の方、長期入院での精神科リハビリテーションを希望される方などは、入院対応が困難ですので、適切な精神科専門病院を紹介しています。休息が十分取れるような環境づくりと病状安定までの保護及び安静のため当病棟は閉鎖病棟となっております。また、病院内は禁煙となっています。

【訪問看護】当科を退院した方を主な対象として訪問看護を行っています。看護師、精神保健福祉士などが担当しています。自宅療養されている患者さんや家族の了承を得て、療養生活の相談や援助を行っています。

担当医のひとこと

精神デイケアとは、1日6時間のグループ活動(手芸・話し合い・スポーツ・料理など)や社会技能訓練などを通じて、生活リズムの回復や維持・対人関係能力の改善作業能力の向上などを目的とした場所です。月曜日から金曜日までの週5日間行っています。週によりプログラムを作成していますので、自分の状態に合ったプログラムを選んで1日だけでも参加することも可能です。また、季節に応じた年間行事も行っています。

スタッフ

  • 加賀良 康武 部長

    専門分野

    神経科・精神科全般

    専門医認定/資格等

    精神保健指定医、日本精神神経学会精神科専門医・指導医

  • 武藤 宏平 医長

    専門分野

    神経科・精神科全般

    専門医認定/資格等

    精神保健指定医

  • 佐野 滋彦医師

    専門分野

    神経科・精神科全般

外来診察表

はじめて精神科を受診される方は、事前に予約が必要となります。
紹介状をお持ちの方も事前に予約が必要になりますのでご注意ください。

    
受 付 時 間
午前 10時前予約 8:00〜11:30 加賀良 武藤

佐野
佐野 武藤加賀良

佐野
10時以降予約 8:45〜11:30
新患(完全予約制) 8:45〜11:00 佐野 - 武藤 加賀良 -
午後 完全予約制 12:30〜15:00 武藤 加賀良 武藤 加賀良 佐野