ホーム医療関係の皆様へ > 出前コンサルティングについて

出前コンサルティグのご案内

出前コンサルティングについて

看護外来・相談のご案内

当院では、認定看護師などそれぞれの専門分野の看護師が、直接施設に出向く「出前コンサルティング」を行っています。
コンサルティングを通じて、施設で働く皆様が利用者の方に対応する上での介護、看護上での困りごとなどを一緒に考えていきたいと思います。

「利用者様の専門的なことを知りたいけれど、話を聞く機会がない」「いまの対応がいいのか確認したい」など少人数でも気軽に相談していただき一緒に考える時間を共有したいと思います。 ぜひご利用ください。

(出前コンサルティングのご案内(PDF:209KB)

ご利用にあたって

  1. 対象:地域医療連携機関、施設など
  2. 時間帯:午前9時〜午後4時(事前に予約申込みが必要です)
  3. 費用:無料

※ 内容によってはお受けできないことがあります。その際はご相談させていただきます。

コンサルティング内容

≪がん看護≫

○担当看護師:長田・川場

○がん闘病中の患者さんやご家族の病状や生活面での不安や悩みなどについて、緩和ケア認定看護師・がん化学療法認定看護師が相談内容を伺い一緒に考えていきます。

☆ がんと言われたがどのように対応していけばいいかわからない
☆ 再発といわれ何をしたら考えたらいいかわからない
☆ つらい気持を聞いて欲しい
☆ 痛みや食欲不振に困っている
☆ 家族としてどう対応したらいいかわからない
☆ 緩和ケアについて知りたい
☆ がん患者さんの病気について知りたい

≪スキンケア≫

○担当看護師:遠藤・寺田

○ストーマ(人工肛門・尿路変更)や褥瘡、オムツかぶれなど皮膚トラブルに関した不安や悩みなどの問題を、皮膚・排泄ケア認定看護師が、皮膚のケアについて相談に応じます。

☆ ストーマ(人工肛門・尿路変更)の管理がうまく出来ない
☆ ストーマをつくったが社会復帰するために管理などどうしたらいいか相談したい
☆ 在宅で介護しているが褥瘡や失禁などあり皮膚の観察や予防方法をききたい

≪メンタルヘルスケア≫

○担当看護師:山下・西本

○精神科認定看護師がうつや不安などこころの健康の不安や悩みなどある方、またその対応をしている方を対象に相談に応じています。

☆ 最近食欲がなくて自分はうつかもしれないがだれに相談していいかわからない
☆ 同僚がうつ病だがどう接していいかわからない
☆ 食事のコントロールができず過食してしまう
☆ 不安や不眠 パニックになる気がして誰かに聞いてもらいたい
☆ 利用者さんの感情や行動が不安定である
☆ 認知症とうつの区別がつかない

≪感染相談≫

○担当看護師:嶋田・河奥

○在宅から急性期病棟まで、医療関連施設を利用する患者・家族・訪問者はもちろん、現場で働く全ての人を感染源から守るため感染管理の相談に対応します。

○一般的な感染症の予防や対策、点滴カテーテルや尿道留置カテーテル等による感染を起こさない処置等の仕方の相談に応じます。

☆ 施設や自宅でCVポート等から点滴をしている方の消毒やカテーテルの取り扱いの指導・相談
☆ 施設や自宅で尿道留置カテーテルをつけたまま過ごす方の尿路感染を防止する方法の指導・相談
☆ 感染症があると言われた方の施設や自宅での注意点の指導・相談
☆ 一般的な感染症の予防や対策等の基本的な感染防止対策の指導・相談
☆ 施設等における流行性ウイルス疾患等の感染防止対策及びアウトブレイク時の対応指導・相談

≪腎臓病看護≫

○担当看護師:長瀬

○透析看護認定看護師は、腎臓病の患者さんやご家族のご相談に対応し、療養生活上の知識や技術の提供を行い、より良い療養生活が送れるよう一緒に考えていきます。

☆腎臓病と言われたけど、どんな病気なのかよくわからない
☆腎臓病が悪くならないようにするにはどんなことに気をつけたらいいのか
☆透析ってどんな治療なのかわからない
☆血液透析・腹膜透析・腎移植の腎代替療法選択時の疑問などのご相談に応じます

申込みについて

  1. 下記問い合わせ先まで、(1)希望日 (2)場所 (3)参加人数 (4)希望する内容・講師をお知らせください。
  2. 派遣する認定看護師とのスケジュール調整を行います。
  3. 調整の結果を担当者から依頼者へご連絡いたします。
  4. 派遣が決まりましたら、申込書(PDF:57.2KB)にご記入の上提出してください。(FAX可)

※ 申込み・問合せ先:地域支援部医療連携課 宇野、看護部 山下
               電話 076-275-2222、FAX 076-274-5980

申込方法