ホーム病院のご紹介臨床研修について > 研修医の風景

研修医の風景/堀口美輝

2年間の初期研修を終えて

 松任の病院に初期研修を希望したのは、学生の時に外科と内科の臨床自習でお世話になり、コメディカルの方、先生方、そして患者さんも、みな親切で、とても雰囲気のよい病院だったからです。

 希望通りに初期研修できることが決まり、2年前の四月から、今まで本当にあっという間でした。思い返せば、医師免許は持ったものの、採血もできない、薬の一般名前もほとんど知ない、電子カルテの使い方もわからない、実際の病院が、どの様なシステムで動いているのかわからない、何もできない状態でした。しかし、手をかして頂きながら、手探りの状態で、日々少しづつでも、できることを増やせたのも、この病院のおかげだと思っています。

 特に、患者さんからは、貴重な話を聞かせて頂いたり、ご家族の思いを聞かせて頂いたり、忘れられないことが山ほどあります。本当に感謝しております。

 まだまだ医療人としてはスタート地点にいますが、この病院で学ばせて頂いたことを忘れず、これからも努力できたら、と思います。

 2年間、有難うございました。

堀口 美輝

2009年1月

選択科目の1つとして麻酔科研修中です。ちょうど術前の麻酔が終わって一息のところです。

2008年8月

現在、選択科目の消化器内科にて研修中です。

無題

内科

大学病院のように、科ごとに内科研修を行う形ではなく、内科入院の患者を専門の上級医をもつ研修システムです。透析室では透析の針刺しやIVHなどを手伝わせていただきます。水曜、木曜などは心カテの検査も多く、学ぶことも多いです。月曜日は新患問診なども担当させてもらえます。当直では症例が多く、救急車が来た際研修医が呼んでもらう機会もあります。エコー室では腹部エコー、心エコーなどを教えて頂けます。

麻酔科

手術中の血圧モニターなど、気管挿管などを行います。血圧低下時などの処置にはとても緊張感があります。オペ室の雰囲気もとてもよく、楽しいです。

外科

消化器外科、乳腺外科、甲状腺などの手術が多いです。ヘルニアの手術や虫垂炎の手術は執刀させて頂く機会もあります。指導医とともに患者を担当する形式です。

 

上級医に限らず、検査技師、放射線技師、看護師からも、さまざまなことを教えて頂けることも特徴のひとつだと思います。

保険診療について学ぶ機会もあります。

毎週金曜、朝7時45分からは、論文の抄読会があります。主に内科疾患の論文を選択することが多いです。