ホーム病院のご紹介臨床研修について > 研修医の風景

研修医の風景/清水 大樹

平成25年12月


研修医アンケート

Q. 当院の初期研修に対する受け入れ体制についていかがでしたか。

 昨年、研修室がリフォームされ、大変きれいな環境で仕事をすることができました。また、宿舎も完備されており、研修環境については良かったと思います。


Q. 研修プログラムや指導医の指導などについていかがでしたか。

 内科研修時に救急外来のファーストタッチをさせて頂けるのは、当初は非常にとまどいました。しかし、徐々に慣れていくことができたので、多くの症例を経験することができ、良かったと思います。各科の上級医の先生方は自分のような研修医にも丁寧に指導して下さり、大変勉強になりました。


Q. 当院での研修全体を通しての感想をお聞かせ下さい。

 多くの症例が経験でき、大変勉強になりました。

 

平成25年1月


これまでの研修の総括と抱負

 初期研修1年目の7月から公立松任石川中央病院で内科5ヶ月間、精神科1ヶ月間、小児科1ヶ月間を研修させて頂きました。
 当院での内研修の特徴は、循環器・消化器・呼吸器・腎臓などと細分化されておらず、常にいろいろな疾患をもった患者さんを同時に担当するのであらゆる疾患を多く経験できることです。救急当番の日は救急車の初期対応や午後外来のファーストタッチをさせて頂けるので、様々な経験をすることができました。上級医の先生方はそれぞれ専門を持ちつつも内科全般に対応できる経験豊富な先生方ばかりで、直接丁寧に指導して頂けるのも魅力的でした。
 公立松任石川中央病院の医療者が皆協力し合って日々の診療にあたり、お互いを高めあっている雰囲気はとても居心地が良いです。また、同期の初期臨床研修医は皆非常に熱心で、彼らからたくさんの刺激を受けて日々の臨床、勉強に取り組んでいます。