ホーム病院のご紹介臨床研修について > 研修医の風景

研修医の風景/材木 良輔

平成25年12月


研修医アンケート

Q. 研修プログラムや指導医の指導などについていかがでしたか。

 教育熱心な指導医の先生方に恵まれており、よい研修環境でした。


Q. 当院での研修全体を通しての感想をお聞かせ下さい。

 同期や指導医に恵まれており、良かったです。大変お世話になりました。

平成25年1月


これまでの研修の総括と抱負

 24年7月より松任石川中央病院で研修させていただいております。自分はこれまで、内科救急6ヶ月、麻酔科1ヶ月研修してきました。内科では救急車対応、walk inでの初期診療から始まり、入院となった場合、退院までの一連の治療過程、「医療の流れ」を経験できます。症例も豊富で、Commonな症例から、まれな症例、重症例など、幅広いさまざまな症例に出会う日々です。内科研修は専門科に分けず、あらゆる科の症例を、各科の先生と共に受け持ち、その科の先生の指導のもと、主体的に取り組むことができます。そのため、同時にやらなければいけないこと、学ぶことが多い分、得るものも非常に多い毎日をおくっています。また、コメディカルの方々も経験豊富で協力的な方が多く、さまざまなことを教わることが多いです。
 恵まれたこの研修環境で、今後も日々、目の前の課題に着実に取り組みつつ、一歩一歩成長してゆきたいです。そして、患者さんに良き医療を提供できるようにありたいと思います。