ホーム > 個人情報の取扱いについて

 

個人情報の取扱いについて

患者さんの個人情報の保護についてのお知らせ

当院で働くスタッフは、業務上知り得たことを漏らさない守秘義務と同時に、個人情報(プライバシー)を保護する法の精神にそって、患者情報を保護する方針を定め、適切に管理します。

1.個人情報の収集

当院では適切に診療を提供するために、診療スタッフが医療に関わる範囲で情報を収集します。医療と直接関係ない目的で情報を収集することはありません。

2.個人情報の利用および提供

適切な医療を提供するために、スタッフ間での情報共有が必要であり、別記の目的で個人情報の利用および提供することがあります。これら以外で利用、提供する場合には前もって患者さんの同意をいただくことにしています。

3.個人情報の開示、訂正、利用停止

患者さんが自分の個人情報(診療上の記録も含め)の開示や訂正、あるいは利用して欲しくないと申し出られた場合には、遅滞なく内容を確認し、当院の「患者情報取り扱い規定」に従って対応します。

4.問い合わせ窓口

当院の個人情報保護の方針についてのご質問やお問い合わせは下記の窓口でお受けいたします。

窓口:中央受付  相談支援室

平成17年4月1日制定
平成24年4月1日改定

診療上得られる個人情報の当院での利用

T.診療、病院運営上必要な情報

A.病院内での利用

  1. 適切な診療を提供するため:例 病歴、診察・検査結果、使用薬剤、他科受診等
  2. 医療保険請求のための事務
  3. 病院の管理運営業務のため
    例:入院・退院等の病棟管理、会計、感染・事故報告等

B.病院外への提供

  1. 他の医療機関、施設等との連携のため
    例:紹介医への返書・経過報告、転院、セカンドオピニオンのために他の医療機関・施設へ紹介、 介護サービスのため情報の共同利用、 院外へ検査を依頼する場合等
  2. 家族等への病状説明(患者さんの希望する範囲で)
  3. 医療保険請求に関して
    例:医療請求事務委託、審査支払機関への請求、支払機関・保険者からの照会への回答
  4. 事業者からの委託による健康診断、ドック検診等の事業者への結果通知
  5. 感染症、医療事故等について、関係機関、専門団体、保険会社等への相談・届出

U.上記以外、直接診療行為と関係ない利用

A.病院内での利用

  1. 医療サービスの維持、改善のための基礎資料収集
  2. 学生実習への協力(医学部、看護関係、薬学部、リハビリ、栄養など医療関係)
  3. 病院内での研修・研究、症例検討

B.病院外への提供

  1. 法令などで届出義務があるもの
    例:医療法による立入検査、感染症発生・医薬品副作用・医療事故報告等
  2. 意識不明の身元不明者や重症の認知症で生命、身体の保護が必要な場合
  3. 公衆衛生向上、児童の健全な育成推進のため
    例:がん登録、児童虐待等
  4. 国、地方公共団体などが法令により行う事務、外部監査機関への協力
    例:各種統計報告や調査等
  5. 研究発表:個人が特定されないようにして発表する

なお、患者自身あるいは第三者の生命、身体、財産その他権利・利益を害するおそれがある場合には、公表しないことがあります。

1 上記のうち、他の医療機関等への情報提供について同意しがたいものがある場合には、その旨お申し出ください。

2 お申し出がないものについては、同意していただけたものとして取り扱わせていただきます。

3 これらのお申し出は後からいつでも撤回、変更等をすることが可能です。

個人情報の外部保管についてのお知らせ

当院では、診療記録、医用画像、レポート情報を、災害等による紛失から防ぐため、病院外のデータ保管施設(データセンター)で安全に保管しています。

白山石川医療企業団内の診療情報共有についてのお知らせ

白山石川医療企業団が運営する「公立松任石川中央病院」、「公立つるぎ病院」、「吉野谷診療所」、「中宮診療所」、「白峰診療所」は、企業団内における切れ目のない包括的な医療の提供を行うため、診療記録、医用画像、レポート情報を共有しています。



公立松任石川中央病院長